• トップページ
  • キャラまとめ
  • 歌仙兼定(極) まとめ
  • 歌仙兼定(極)【ステータス.台詞.手紙.内番まとめ】

    歌仙兼定・極
    (かせんかねさだ)
    打刀兼定派90番
    歌仙兼定・極レア3範囲
    生存46 (?)衝力51 (81)
    打撃59 (112)必殺75
    統率50 (90)偵察42 (?)
    機動50 (58)隠蔽78
    兵刀装は"2スロット"、種類は『投石 / 盾 / 軽騎 / 軽歩 / 重歩』装備可能
    育成過程 : 歌仙兼定 → 歌仙兼定(極)=Lv70~

    初期ステータスと(カッコ内のステータス)は限界値です、
    尚、ステータスは『錬結、内番』で強化可能。

    手紙まとめ
    一通目 主へ

    やあ。せっかくの修行の旅だからね。
    こうして手紙を書く楽しみを満喫しているよ。
    とは言え、歴史を辿る旅だからね。
    見聞きしたものをあまり詳細に書いてはならないと言われているんだ。
    これでは面白さも半減だと思わないか? でも決まり事である以上は仕方ないか。

    書ける範囲では、今僕がいるのは肥後の国。
    元の主である細川三斎様の客人として招かれているんだ。
    強さとは違うかもしれないけれど、文化的な審美眼を鍛えてくるつもりだよ。   
    二通目 主へ

    やあ。そろそろ僕からの手紙が来る頃だと思っていたのではないかな。
    僕としてはもっとちょくちょく手紙を出したいのだけれど。
    修行の方は充実しているのだけれど、その成果を歌にできないのはもどかしいね。

    それにしても三斎様から学ぶべきことは多い。
    後世では乱行をおもしろおかしく取り沙汰されることがあるけれど、
    芸術家とはそういうものではないかな?   
    三通目 主へ

    やあ。旅先からの手紙はこれで最後になりそうだよ。
    ……ああ。三斎様がお亡くなりになられてね。
    これ以上ここでは学べなくなってしまったんだ。

    晩年の三斎様は、非常に穏やかな方だったよ。きみは驚くかな?
    あの方は要するに、純粋な方だったんだよね。
    それ故に、許せないことが多くあったのだろう。
    だが、それも年を重ねて、飲み下せるようになっていったのだろうね。
    僕がその境地に達せているかはわからないが、目標はできた。
    あとはきみのところで実践しよう。
      
    台詞(セリフ)まとめ
    入手どうだい、風流を意識したこの新衣装。雅を感じるだろう?
    本丸計算するくらいなら、力押しで何とかするさ
    僕の言う文系は文系じゃないって? 誰が言ってるんだい、お仕置きが必要だね
    他の刀に目移りしてもいいけれどね、最後は僕のところに戻ってくるんだろう?
    本丸(放置)さて……きみが帰ってくるまで、きみに贈る歌でも詠もうか
    本丸(負傷時)僕をこのままでいさせるというのにも、深遠な目的があるのだろう?……ねえ?
    結成(入替)わかった。僕が皆に雅を広めるとしよう
    結成(隊長)ああ。他の者には悪いが、当然かな
    装備きみの見立てだからね。文系の名にかけて、着こなしてみせよう
    うん、この光沢……
    悪くない武具だ
    出陣きみに歯向かう不埒者を、手打ちにすればよいのだろう?
    資源発見おやおや、風流だね
    ボス到達ああ……ここか。不埒者の本陣は
    索敵作戦は簡単だ。攻め口より押し入り誅伐する。文句はなかろう?
    開戦(出陣)我こそは之定のさだが一振り、歌仙兼定なり!
    開戦(演練)軍師とかいう理系には絶対に負けられないな、文系として
    攻撃血を華と咲かせよ!
    その首、刎ねて差し上げよう!
    会心の一撃我が主に歯向かった罰だ!
    軽傷雑魚のくせに……!
    仕置きが必要だな
    中傷/重傷ああ……貴様が生きていていい理由は、微塵もなくなったぞ!
    真剣必殺貴様……僕を何だと心得るか!
    一騎打ち最期の瞬間まで戦う忠義なくして、主の寵愛は得られんよ
    二刀開眼散れ!
    勝利MVPはは、僕で良かったに決まっているだろう?
    任務(完了時)任務を通じ、日々の移り変わりをしっかり意識するんだよ?
    遠征旅先から、歌を贈ろうか
    遠征帰還(隊長)はは、旅先の土産話は聞きたくないかい?
    遠征帰還(近侍)おやおや、あんなに急いで帰ってこなくてもいいのに。せわしないなぁ
    鍛刀さあ……新たな刀を目利きしようか
    刀装文系の嗜みさ。きみの服も作ってあげようか?
    手入(軽傷以下)返り血を流してくる
    手入(中傷以上)おとなしく、傷を癒すとしよう……
    錬結ああ……心地いいね
    戦績まさかきみ、それは恋文じゃないだろうね……?
    万屋ははは、今日はきみが選んでみるべきだね。失敗を経験しなくては、審美眼は磨かれないよ
    一口団子すばらしい。これこそがもてなしの心だよ
    内番(馬当番)    
    内番(馬当番終了)    
    内番(畑当番)ああ……そうか。四季の移ろいを感じ取るには、これが最良であったか……
    内番(畑当番終了)戻ったら、また一首歌を詠まねば
    内番(手合せ)    
    内番(手合せ終了)    
    修行見送り彼がどのような姿になろうと、雅さでは僕が負ける気はしないねえ
    審神者長期留守後御迎ふふふ。きみを待つ間に詠んだ歌がこんなに溜まってしまっていたよ
    期間限定セリフ
    審神者就任一周年はじめてこの本丸にやって来た時と、今。そこで見えるものの差こそが大事なのさ
    審神者就任二周年きみにも就任二周年の風格が出てきたね。良いことだ
    審神者就任三周年就任三周年ともなれば、戦い以外のことにも手を出していく余裕ができたかな?
    【注意】破壊 (※ネタバレ有り)
    いざとなると、きみへの言葉をまとめられない……僕は、歌人失格だな……