• トップページ
  • 刀剣乱舞 攻略 Wiki
  • 刀剣乱舞攻略7-4長距離/中距離/短距離/マップ/ボス/経験値/回想など
  • 2018 /
  • 6 /
  • 19
  •  - 
  • 2018 /
  • 1 /
  • 7
  • 刀剣乱舞攻略7-4長距離/中距離/短距離/マップ/ボス/経験値/回想など

    画像

    今回は『延享の記憶・7-4(江戸城内)』の攻略方法を紹介します。


    ステージの最終章は『部隊の偵察値によってマップが変化します』マップは合計3種類存在し、1番強いステージだと”極短刀”でも手に負えません……

    7-4をクリアしたいなら一番弱いマップを選びましょう、ただ弱くても『長距離マップ』なので『刀装が剥がれる前提』で挑みましょう。

    画像

    【 項目一覧 】

    1.ステージの特徴

    このステージの特徴と注意点は以下の通りです。

    1. 部隊の偵察値でマップが変化(※1体ボスを倒す事でクリアした事になる)
    2. 馬装備効果無効
    3. 銃以外が無効
    4. 短刀と脇差は有利に戦える

    【偵察値による難易度一覧】

    【難易度・弱】長距離マップ合計偵察値は『319以下』、11マス、敵の強さは『6-4』程度
    【難易度・中】中距離マップ合計偵察値は『320~499以下』、8マス、敵の強さは『Lv40の極短刀が途中で戦線崩壊』になるほど
    【難易度・強】短距離マップ合計偵察値は『500以上』、5マス、敵の強さは『Lv40の極短刀が1マス目で戦線崩壊』になる

    2.【難易度・弱】長距離マップ(※クリアしたい人用)

    難易度・弱のマップは以下の通りです。

    画像

    このステージを出現させるには『合計偵察値が319以下』必要になるので、偵察値が高いに極短刀は入れる事は不可能です。

    オススメは『極脇差Lv35?、脇差Lv60?、短刀Lv50?、打刀Lv99』です、※極脇差は特殊能力に『跳ね返し』など有るので少しは楽に戦えます。


    刀装は『短刀=使い捨て前提の”銃”、他は全員”盾”』を装備させると安定します。(※あと、お守りも有れば付けた方が良いです…付け忘れにご注意ください・・・)。

    画像

    出陣時に『合計偵察値319以下』であるか確かめましょう。

    画像

    マップ内の道中の敵は、初めは弱い敵が多いですが『9マス目』辺りから少し強くなります、この時点で短刀の銃は剥がれる可能性もあります。

    画像

    以下は7-4の弱ボスです。

    既に銃は剥がれてますが自部隊のレベルが高ければ苦無く倒せます

    画像

    Lv50代の刀剣を入れても ほぼ余裕で勝利可能な難易度のボスなので気軽に試してみて下さい

    画像

    ボスの経験値は以下の通りです。

    画像

    被害は 薬研と乱の″銃″と薬研が少し槍に刺された程度、疲労度も全く溜まっていません。

    案外、6-4より簡単にクリア出来る感じがしますね。

    画像

    クリア報酬は『全資源1300と小判700両』です

    画像

    3.【難易度・中】中距離マップ

    難易度・中のマップは以下の通りです。


    このステージは、Lv40の極短刀が普通に戦線崩壊なってしまうマップです(※桜付け、お守りは必須)

    画像

    1マス目から強敵が出現、敵のレア4脇差とレア5短刀が出現すると極めて危険です。。

    画像

    Lv40の極脇差と極打刀では負担が大き過ぎます、以前も極短刀が戦線崩壊に何度かされました……本当に危険です。

    ※間違えて弱い刀剣で来ないように、刀剣破壊の可能性もあり得ます!!!。

    画像

    4.【難易度・強】短距離マップ

    難易度・強のマップは以下の通りです。


    このステージは3種類の中で一番難しく、1戦で帰還する事が多いのですが『雑魚でも経験値はボス並みに良い』ので『刀装を溶かしながらレベリング』をするのも良いでしょう。

    ※ただし、最低でも極短刀はLv45以上はないと危険なので注意が必要です、あと極脇差はLv50以上ないと1発で戦線崩壊になります。(※極打刀は検証次第更新します)

    画像

    刀装は『極短刀=重歩兵、脇差=盾』がオススメです。

    このレベルになると重歩兵でも多少は攻撃を防げますが、銃は流石に剥げるので勿体ないです……あと高速槍も出るので手入れキャンペーン中か資源に十分余裕がある場合が良いでしょう。


    平均レベルが50以上になると極短刀に銃を装備させてボスマスを目指すのも可能です、(※ただし、刀装は剥げるので資源と手入れ札に余裕がある時か手入れキャンペーン中に限る)

    画像

    ※あと、お守りは絶対に全員分用意した方が良いです(隊長は無くても良い)、

    イベント報酬でお守りは貰えますが数が足りなければ課金で入手とか……課金は嫌ならイベントでレベリングするのもオススメなので無理にここでレベリングする必要はありません。

    画像

    ボスを含め『合計5戦』あり、索敵失敗など多々あるので『運』任せな要素が強い、陣形は防御・必殺が上昇する『横隊陣と魚鱗陣』がオススメ、部隊編成は防御が固い極短刀を中央に配置した方が良い

    索敵失敗時は大抵『レア4、レア5脇差』が居るので『陣形は"魚鱗陣"』で押し出し防止をしないと高確率で敗北します、※ボスマス手前はレア5打刀・レア5短刀も出てくるので『陣形は"横隊陣"』で防御力を優先した方が良い。

    画像

    【敵部隊一覧】 ※1マス目の敵では刀装は剥がれません。

    画像
    画像

    ※自部隊の極脇差で敵脇差の押し出しを防止しないと敗北する場合もあります。

    画像

    経験値はこんな感じです。

    画像

    ※隊長は誉を取らない場合は『(A勝利時)の経験値=2160exp』です。




    【最強敵部隊一覧】 ※二戦目以降は『極脇差』の刀装が剥がれます(確実に)。

    画像

    索敵失敗を招く『敵レア4脇差』防御も固く・押し出される可能性もあり危険、敵レア4短刀は攻撃・防御も固く、この編成に出会ったら大ダメージを負う場合がある。



    『槍部隊』も非常に厄介な強敵です。

    画像

    銃刀装無しには非常に相性が悪い、極短刀でも攻撃が中々通らない固さ。

    画像

    この敵の編成では2体程残り『B勝利』になってしまう事が多々ある・・・、(他はオールA勝利が可能です)。


    ※私は5周程しましたが、極脇差の刀装は合計5つ溶けてしまいました……極短刀は1つも剥がれなかったので『重歩兵』は本当にオススメです。

    画像

    ただ、弱い刀剣達の刀装は減っていくので『1戦で帰還する』を繰り返す方が安全です。 (※刀装や資源、手入れ札が余ってるならボスを目指すのも良いでしょう)


    4-1.[追記]短距離マップ経験値一覧

    【7-4短距離の経験値一覧】
    隊長=2160/平均=1440/誉=2880


    【ボス経験値(A勝利)まとめ】
    隊長=10800/平均=7200/誉=14400

    【ボス経験値(B勝利)まとめ】
    隊長=9000/平均=6000/誉=12000

    5.【延享の記憶】の回想一覧

    画像

    このステージに特定の刀剣男子達を一緒に出陣させると、回想『延享の記憶』が発生します。

    この回想を全て発生させるには『歌仙兼定、小夜左文字、大倶利伽羅、燭台切光忠、鶴丸国永、太鼓鐘貞宗』が自部隊に居る事が大前提で、ボスに勝利しないといけません・・・

    ※最大で『指定キャラ5人+1人(他の刀剣)が発生条件』の場合も有るので、指定キャラ達には十分なレベリングが必要になります。

    【 回想一覧 】

    7-1(江戸・新橋)
    其の32『九曜と竹雀のえにし・発端』歌仙兼定と小夜左文字を連れて、ボスを倒すと発生
    其の33『発端九曜と竹雀のえにし・勃発』“回想32”が発生後、歌仙と大倶利伽羅を連れてボスを倒すと発生
    7-2(江戸・白金台)
    其の34『九曜と竹雀のえにし・接触』“回想33”が発生後、燭台切光忠、小夜、大倶利伽羅を連れてボスを倒し帰還後に発生
    其の35『九曜と竹雀のえにし・接触(続)』“回想34”が発生後、燭台切、小夜、鶴丸国永を連れてボスを倒し帰還後に発生
    其の36『九曜と竹雀のえにし・協力』“回想34”が発生後、燭台切、小夜、歌仙、大倶利伽羅を連れてボスを倒し帰還後に発生。(※回想35が未発生でも可)。
    其の37『九曜と竹雀のえにし・協力(続)』“回想36”が発生後、燭台切、小夜、歌仙、大倶利伽羅、太鼓鐘貞宗を連れてボスを倒し帰還後に発生
    7-3(江戸城下)
    其の38『九曜と竹雀のえにし・団結』“回想36”が発生後、燭台切、小夜を連れてボスを倒すと発生。(※回想37が未発生でも可)。
    其の39『九曜と竹雀のえにし・団結(続)』“回想38”が発生後、燭台切、小夜、太鼓鐘を連れてボスを倒し帰還後に発生。(※回想37が未発生でも可)。
    其の40『九曜と竹雀のえにし・真心』“回想38”が発生後、燭台切、小夜を連れてボスを倒し帰還後に発生。(※回想39が未発生でも可)。
    其の41『九曜と竹雀のえにし・真心(続)』“回想40”が発生後、燭台切、小夜、鶴丸を連れてボスを倒し帰還後に発生
    7-4(江戸城内)
    其の『九曜と竹雀のえにし・落着』“回想40”が発生後、燭台切、歌仙、大倶利伽羅を連れて出陣。(※回想41が未発生でも可)。
    其の『九曜と竹雀のえにし 縁故』“回想42”が発生後、燭台切、小夜、歌仙、大倶利伽羅を連れて『戦闘・勝利し帰還後』に発生。(※道中の敵でも可)。